就職転職の際の顔採用は業界・業種によっても異なる

それから、顔採用が強い会社というのは、かなり業界業種によっても変わってくる傾向がある。

例えば、マスコミ業界
アナウンサーなどのテレビ関係の業界や、広告代理店などの業界は仕事がら、美人、イケメンが他業界よりも多い傾向がある。

モデルの業界もそうだ。
それはテレビや雑誌などのメディアに顔や身体の一部、全身が掲載されるため、見た目の良し悪しが仕事の成果に多少なりとも影響を与える。

そうした業界・業種であれば、顔採用の色が強くても致し方ない気がする。

だが、全くメディア露出の関係がない、業種はどうだろうか。

技術職のエンジニアやWEB系IT系企業、バックオフィス系の仕事、これらの仕事は顔は全く仕事に関係がない

もちろん、ルックスがいい社員を雇うことで、周りにプラスに与えることはあるだろうが、ルックスの良さを上回る、笑顔などの素敵オーラを持つことでいくらでも挽回は可能になってくる。

このように、就職転職の際の顔採用は業界・業種によっても異ってくるという傾向はあらかじめ考えておいた方がいいと思う。